2015年06月20日

タイタニア完結? そりゃ読まずにはいられませんよ!

3巻が出版されてからどれくらいの時間が経過したのだろうか。
田中芳樹の長編小説タイタニアが今年ようやく完結したと聞き、4巻と5巻(最終巻)をまとめて一気に読んでみた。




いったい何年ぶりだろう。
思えば田中芳樹の銀河英雄伝説に出会ったのが中学生の頃。
徳間ノベルズから出版されていた原作はもちろんのこと、アニメ、ゲームなど様々なメディアで展開されたその世界観と男心をくすぐるストーリーへ夢中になったものだった。

タイタニアを最初に読んだのがいつだったかよく思い出せないが、おそらく高校生の頃ではないかと思う。
実際手元にある3巻の巻末を見ると「1991年初刷」とある。
改めて考えれば、ずいぶん長い間中断しているものだと、今更ながら実感してしまった。

いつ出るのか、まだ出ないのかと思いながら、いつしか「もう出ないのかな」とあきらめてしまっていたのだが、2013年にいきなりの新刊出版、そして今年に入って完結である。
ファンとしては妙にテンションが上がってしまうのも仕方ないだろう。

近くの書店に行ってもタイタニアどころか銀英伝すら棚にないので(最近の書店は漫画の占める割合が以前にもまして大きくなっているような気がする。新書はおろか文庫本ですら棚が削られているように思えるのだが、まあ、それは別の話だ)、仕方なくamazonで購入することに。

ネタバレが怖いので読む前にレビューを見るつもりはないのだが、そうは言っても目に入る評価の星。
あれ? 評価低いぞ?

titania.gif


不安を感じながらも注文。
いくら評価が低くても、ファンとして読まないという選択肢はない。

翌々日に商品到着。さっそく週末一気に読んでみた。

結果……。

微妙。



とりあえず、完結したというのはまず嬉しい。どんな素晴らしい作品も未完のままでは読者側だってスッキリしない。
ただ、期待値が高すぎたのだろうか?
コレジャナイ感が正直ハンパではない。


銀河英雄伝説やタイタニアの3巻までで見た憶えのない言葉がやたらと多用されていたり、アマチュアのネット小説でみられるような表現がところどころあったりと、気になる点がいくつもある。

場面展開が不自然で唐突なため、読んでいて困惑することもしばしば。
単に私の読解力不足と言われればそれまでだが、少なくとも以前はすんなりと物語の世界に没頭できていたのだ。
いくらなんでも中学生のころよりも読解力が落ちているとは思えない。

その場に居ると思っていた人物がいつの間にか居なくなっていたりと、書くべき描写がところどころ抜け落ちている気がした。

細かいところを言えば、言葉の使い方が「覚えたての言葉を使いたがる中学生」のように無理やり感にあふれている。
昔は銀英伝を読みながら、作中で使われている言葉や表現にずいぶん勉強させてもらったものだ。
言葉を知らない中学生でも、すんなりと受け止められるようにその使い方は自然なものだったように思う。
ところがタイタニア4、5巻ではそのあたりがどうもしっくりこない。
違和感だけが強く残ってしまった。

自分が歳を取ったからなのかとも思ったが、改めて1巻から3巻を読んでみるとやはり今でも引き込まれる。
参考と比較のためにページを開いたが最後、内容は知っているはずなのについつい最後まで読み進めてしまうのだ。
だからタイタニアの4巻5巻に違和感を持った原因は、おそらく読み手である自分の変化によるものだけではないと思う。


もっとも残念だったのがストーリー面だろうか。
展開としては特別変なものではない。
似たような展開の作品も探せばきっといくつか見つかるだろう。

ただ、「タイタニア」という小説でこの展開は予想外だった。
田中芳樹以外の作家が書いた作品であれば「そういう作風の人なんだろう」で済んでいたが、あの銀河英雄伝説で壮大かつ雄大な物語を綴った作家がまさかああいう展開とオチを持ってくるとは思いもしなかった。

アイスコーヒーだと思って飲んだら、炭酸の抜けたコーラだったという心境だ。

無双する巨大○○なんてラノベ的な存在には白けたし、真相は結局○○の○○だったとか拍子抜けである。
「田中芳樹のスペースオペラってそういう作風じゃなかったでしょ!?」と、叫びたくなる。
他にも主役級であったはずのファン・ヒューリックは4巻以降脇役なみの存在感しか無く、仲間のワレンコフに至っては終盤の描写を読んで、「あれ? そういえばそういうキャラいたっけ」レベルの存在感だ。



結局のところ、この作品は予想を悪い意味で裏切ってくれた。

おそらく当初のプロットはもっと違うものだったのではないかと思う。
3巻までを読む限り最終巻は少なくとも8巻程度、たぶん本来は10巻前後を予定していたのだと推測する。
3巻まではそれを感じさせるだけの伏線や設定がちりばめられていたし、話の流れとしても5巻で完結するような書き方ではなかった。
だからなおさら、とりあえず完結するために無理やり着地させた感じが否めない。

終わってみれば、つまるところ大企業の社内派閥抗争と何ら変わりなく、3巻までの展開で感じさせてくれた広がりと重厚感を期待させる物語はどこかへ迷子になってしまったらしい。



そりゃ確かに20年以上も経っていれば、作家の作風だって変わって当然だろう。
問題なのはその方向性がおそらくファンが望んでいなかったであろう「ライト」で「ポップ」なところへ向いていた点じゃないだろうか。

ライトノベルやネット小説を読んでいて感じる、「あー、こういう書き方がまかり通ってるから、読書家に『ラノベは小説じゃ無い』とか『低俗』とか言われるんだよなあ」という残念な印象を、まさかタイタニアで感じることになるとは思ってもいなかった。



不満は確かに山ほどある。だがそれでも完結まで書き続けてくれたことには素直に作者へ感謝したい。
未完のまま放置された作品のファンほど悲しいものはないからだ。

しかし正直なところ、まだタイタニアを読んだことがない人へ自信をもってお勧めできる作品ではなくなってしまった。

これからタイタニアを読み始めようと思っているそこのあなた。やめとけ。

だがタイタニアのファンであるそこのあなた。あなたは迷わず買って読んどけ。
正直物語としては残念な内容だが、それでも読まずにはいられないのがファンというものだろう。
というかファンだったらとっくに買って読んでると思うが……。

そしてじっくりとその身をもって味わうのだ。
もはや古き良き時代は戻ってこないのだと。
読者を魅了してやまなかった作家「田中芳樹」はもういないのだと。

いっそのこと3巻までと4巻以降は別の作家が書いたものだと思えば、その乖離もすんなりと受け入れられるのかもしれない。
ま、ただの現実逃避だけど。

posted by ダメ人間 at 17:20 | 小説・ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

Yahoo!プレミアム登録解除の引き止めが必死すぎ

登録して月額を支払うことでYahoo!の様々なオプションサービスが使えるようになる「Yahoo!プレミアム」。
以前はいくつかのサービスを使っていたため登録してあったのですが、考えてみればここ数ヶ月何も活用していない事に気がつきます。
そうすると、月額410円という登録料もただの無駄金。
ということで、さっさと解除しようと思い、手続きのページにアクセスしてみます。


yh_auc_1.gif



そうすると、よくあることですが「本当に解除して良いですか? 解除を思い直しませんか?」と問う、引き止めのページが表示されます。



yh_auc_2.gif




まあ、こういうのはメルマガの解除でも他の会員サイトの登録解除でも、似たようなものがたくさんありますよね。
だから大して気にもせず、そのまま解除する方のボタンをクリックしたんですよ。



そうしたら、また引き止めページが表示されました。




yh_auc_3.gif




今度は「こんなサービス使えるんですよ!」みたいな感じの引き止めです。
ちょっとしつこいですよね。

だったら一つ前のページで同時に表示しておけば良いじゃないですか。
なんでいちいち新しいページに遷移したあげくもう一度選択を強要するのでしょう?
最初から解除する意思は決まっているので、そのままこのページでも解除する方のボタンをクリックします。




そしたらまたこれですよ。




yh_auc_4.gif



まだ続けるのかよ!




いい加減にしてもらいたいものです。

そんな未練がましい引き止めは一度で十分だから、さっさと解除させろや!
と、思わず口にしてしまいました。



イライラしながら三度手間となるクリックをします。
そうしたらですよ。




yh_auc_5.gif




なんじゃそりゃああああ!!!




あきれてモノも言えません。
こんなの逆効果だと思わないのでしょうか?

まさか登録解除の手続きごときで、ここまで苛つかせられることになるとは思いもしませんでした。


結局何が言いたいのかというと、現在Yahoo!プレミアムに登録している人は やめるふりをすれば1ヶ月タダになるかもしれない サービス利用してないのに登録が残ったままで無駄な出費が発生していないか、一度チェックしてみてはどうでしょうか? ということです。


posted by ダメ人間 at 10:49 | 日記っぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

ロードライト・フェイス

■タイトル ロードライト・フェイス
■作者 「ud」さん http://mhdc.digi2.jp/
■ジャンル RPG

ScreenShot_2014_0808_20_03_35.png


第六回ウディコンで一番楽しめたのがこの「ロードライト・フェイス」でした。

ジャンルで言うと、RPGでしょうか。
マップは無く、移動は『前に進むだけ』というシンプルなものです。
50歩進むとエリアボスとの戦闘に突入し、ボスに勝つと次のエリアへと移ります。
エリアは全部で5つ。つまり250歩進むとゲームクリアというわけです。

ScreenShot_2014_0808_20_54_00.png


ScreenShot_2014_0808_20_45_15.png


道中はランダムエンカウントの敵に遭遇するイベントの他、落ちているアイテムを見つけるイベント、あるいは商店での買い物や単なるメッセージイベントなどが用意されています。
敵と遭遇した場合は戦闘に突入します。勝てばそのまま進むことができ、負ければゲームオーバーです。
ゲームセーブは道中に出てくるセーブポイントでのみ可能。

このゲームの大きな特徴として、所持する武器に『使用回数制限がある』点が挙げられます。
それ自体は商業ゲームでも時折使われるシステムですが(魔界塔士Sa・Gaとか)、おもしろいのは使用回数が『1』にまで減った状態での威力です。
使用回数『残り1』になった状態の武器は『最後の一撃』という強力な攻撃になるため、高い威力を持つ武器として使えます。

ScreenShot_2014_0808_20_19_11.png


ScreenShot_2014_0808_20_19_12.png


ScreenShot_2014_0808_20_54_51.png


もちろん使えば使用回数がゼロになるので武器自体は無くなりますが、単に無くなるだけではありません。
使い切った武器に応じて『Faith(信仰点)』というポイントを取得することができ、道中にて訪れるフォルティア教会でFaithを使って自キャラのステータスアップをすることが可能になるのです。

ScreenShot_2014_0808_20_47_59.png


ScreenShot_2014_0808_20_22_49.png


というか装備アイテムによる補正以外に、ステータスアップをすることができるのはこの方法だけになります。
このゲームではレベルアップしても増えるのは『LP』(生命力)だけだからです。
筋力・魔力・敏捷はFaithを消費して強化するか、装備アイテムで底上げするしかありません。
ちなみにこのゲーム。筋力などのステータスは開始時が3とか、高くても6程度。特定のステータスに特化して伸ばしたとしても、クリアまでに10へ届くのがせいぜい。運が良ければ15位まで伸ばせるか、というところです。
だからこそ、能力が1違うだけで攻撃力には結構な差が発生し、2とか3違ってくると目に見えて威力の違いが実感できるようになります。

例えば『筋力武器』なら、攻撃力は

『筋力』の値 × 武器の威力

で計算されます。

威力5の武器を使ったとして、筋力3の時は攻撃力が15ですが、筋力が5になれば攻撃力は25まで増えます。筋力10になれば攻撃力は50です。

だからステータスを伸ばすときは、まんべんなく伸ばすのではなく、どれかひとつに絞って集中的に伸ばした方が攻略が楽になります。
極論を言うと、例えば『魔力だけを集中的に伸ばして、攻撃手段は終始魔力武器だけを使う』というのが一番効率的です。

ところがここで問題になるのがランダム要素。
初期装備を除き、このゲームでは入手できるアイテムがランダムで決められます。
基本的な入手方法は『落ちているアイテムを拾う』『商店で購入する』の2つです。

アイテムを拾う方に関しては完全に運任せ。
イベントが発生したとしても入手できるアイテムが武器とは限らない、たとえ拾ったのが武器だったとしてもそれが筋力武器か魔力武器か敏捷武器なのかも運任せです。

もうひとつの入手方法『商店で購入する』についても運の要素があります。
販売している商品はひとつの商店で最大4つです。これには武器以外のアイテムも含まれているので、運が悪いと「筋力武器が欲しいのに魔力武器と敏捷武器しか無い!」なんてこともあります。
加えて商店で購入する時に必要となるのはお金ではありません。そもそもロードライト・フェイスにはお金の要素が無いからです。
じゃあ何を使うのかというと、『LP』がお金の代わりに消費されます。しかも減るのは『LPの現在値』では無く『LPの最大値』の方です。

ScreenShot_2014_0808_20_16_47.png


例えばLPの値が『120/190』(現在値120/最大値190)の時に価格20のアイテムを買うと、LPは『120/170』になります。
これが結構痛い。あまりホイホイと買い物をすると、戦闘の際に苦戦するのが目に見えています。
おまけに商店の品はすべて1点物です。たまたま自分にぴったりの武器があったからまとめ買い――とはいきません。
自分のステータスに合った武器を常にストックすることができれば難易度は劇的に低くなります。ところがランダム要素がそれを易々とは許してくれない、というのがこの作品のゲーム性を深くしています。


加えて、ロードライト・フェイスでは武器を含めてアイテムを6つまでしか所持できません。
アイテムの種類には武器のほか、LPの回復アイテム、防護を挙げる防具、能力値を上げるアクセサリ、戦闘から逃走するための道具などがあります。これらの中から6つだけを所持するのですから、必然的に持てる武器の数も少なくなります。
もちろん6つの枠をすべて武器で埋めてしまってもかまいませんが、それでも6つしか持てないのです。
だから大量の武器をキープしておくという方法は使えません。

結果、手持ちの武器をいかにうまく管理活用するかが非常に大切になります。
おまけにその武器には使用回数制限があり、使っていればいずれ無くなります。パンチのような低威力の武器は使用回数も25と多いですが、ほとんどの武器は12回とか10回とか、強力な武器は6回、5回と少なくなります。
ランダムエンカウントもそれなりの回数発生するので、ひとつの武器だけでエリアを踏破することはおそらく無理でしょう。

武器を消費しながら戦い進み、武器が全く無いという事態に陥らないよう管理し(※攻撃手段が無くなるとランダムエンカウントした時点でゲームオーバー)、ランダム入手するアイテムの乱数に翻弄される。これがロードライト・フェイスの難しさであり面白さでもあります。

ScreenShot_2014_0808_20_51_09.png



例えば『使用回数残り2回のレイピア』を持っていたとします。
・進んでいたら商店イベントが発生しました。
・手持ちのアイテムは既に一杯ですが、武器はレイピア以外にまだ2つあります。
・商店には新品のレイピアが置いてありました。

ScreenShot_2014_0808_20_47_38.png


さて、どうするか?
使用回数残り2回ということは、ランダムエンカウント1回で使い切れる回数です。
しかも最後の攻撃はダメージ増加の強力な一撃。加えてアイテムを使い切ることでFaithも入手できます。
武器に余裕があるから、買い物をせずに残り2回のレイピアを使い切るか?
それとも新しいレイピアを入手する機会を逃さずに買っておくか?

この頭を悩ませる過程がロードライト・フェイスの味わい深いところでは無いかと思います。

その判断も条件が変わればまた異なるでしょう。
レイピアの使用回数残りが1回とか、逆に5回とかだったら判断も変わるでしょうし、レイピア以外の手持ち武器が自分の得意とするステータスに適してない(敏捷特化なのに筋力武器しか持ってない)場合、また違った選択をするかもしれません。
戦った直後でLPが減っているなら、武器を使い切らずに捨てる(神に捧げる)という選択肢もあります。
※アイテムを神に捧げるとLPが最大値まで回復する。

ScreenShot_2014_0808_20_21_58.png



このゲーム。突き詰めれば『手持ちの武器をどうやりくりするか』に行き着きます。
攻撃手段としてはもちろんのこと、神に捧げればその場でLPを回復し、戦闘で使い切ればステータスアップのために必要なFaithが手に入る。おまけに最後の一撃だけはダメージ増加です。
たった6つという少ないアイテム枠の中で、いかに攻撃手段を確保しつつ、どれだけ武器を無駄なく使うかというマネジメントを求められます。
言葉にするとシンプルですが、武器の使い道が攻撃以外にもあり、そのどれもが重要な要素であることがこのゲームに奥行きを与えています。

ScreenShot_2014_0808_20_15_35.png




このゲームには全7種類の職業が準備されていて、その中からひとつをスタート時に選択します。
それぞれ初期ステータス値と初期所持品が異なり、ステータス成長がしやすいとか敵の武器を盗めるといった特性を持っています。
最初に選ぶ職業は『剣士』がおすすめ。

ScreenShot_2014_0808_20_36_31.png


攻撃の回避率やクリティカル率が高く、他のゲームでよくある敏捷特化職のように攻撃力が低いという弱点もありません。敏捷武器を使えば攻撃力は『敏捷ステータス × 武器の威力』なので、火力不足になることもないでしょう。(防護点の高い敵は苦手なので、エリア3に出てくるソルジャーのような敵には要注意)
敏捷の値が高くなるにつれて、敵の攻撃は避ける! クリティカルも連発する! と、なかなか爽快です。




1プレイ30分ほどで終わる短いゲームですが、クリア時またはゲームオーバー時に所持していたアイテムを次のプレイに引き継ぐことが可能です。
最初は敵にやられたり武器が尽きて死んでしまうこともあるかもしれませんが、2、3回引き継ぎをして有用なアイテムを引き継げば少しずつ先へ進むことができるようになるでしょう。
もともとこのゲーム、周回を前提とした作りになっています。
1プレイ20分から30分程度なので、気軽に遊べますしね。

ScreenShot_2014_0808_20_05_30.png


スーパーアーマー×2とか引き継げば序盤でダメージを食らうこともほとんどありませんし、逆にステータスアップのアクセサリを×2とか×3で持っていけば最初から高打撃力を保有できます。
もちろんその分武器の所持数にしわ寄せがいきますけど。

ScreenShot_2014_0808_20_36_49.png




ロードライト・フェイスは熱中度、ゲームとしての楽しさにおいて非常に高いレベルを持った作品だと思います。
もちろん、操作性が良いこと(無駄なキー使用をプレイヤーに強いることがないというのも操作性の良さと言える)、しっかりとテストプレイをしていることが感じられるゲームバランスであること、バグ取りを丹念に行っている品質の高さが確保されていることもおすすめの理由です。

ScreenShot_2014_0808_20_53_03.png


もちろん個人の好みがあるので、こういったゲームを受け入れられない人もいると思います。
ですが少なくとも丁寧な作りであることは疑いようが無いので、大半の人にはおすすめできる良作です。
posted by ダメ人間 at 22:28 | 第六回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする