2016年06月25日

Steamのサマーセールがやって来た! Hoi3も75%引き!

20160625001402.png


Steamでサマーセールが開始され、Hearts of Iron3が75%引きになってたので購入しました。

日本語版も持っているんですが、Their Finest Hourを買おうかどうか迷っているうちにサイバーフロントが解散してしまい、こんな有様なので……。




英語版買うのも二重の出費でもったいないなあ、と思ってたんですが、セール価格なら本体+SF+FtM+TFH全部足しても1145円です。
これはもう買うしかありません。

で、さっそく購入手続き。

20160624233402.png


ついでにVictoria2もやりたかったのでVictoria Collection もあわせ買い。
995円ですし。



と、ここで問題発生。

支払い方法を選ぶときに「ああ、コンビニ決済も出来るようになったんだ」と、選択してみたのがそもそもの間違いでした。
コンビニ決済だと支払後のダウンロードとかになるんだろうから、どっちみちクレジット決済にするつもりだったんですよ。
ただ、どうなってんのかなー、と興味本位で見ていただけなんです。

20160624233533.png


「戻る」のボタンが無いから仕方なくメニューから元に戻って選び直し、改めてクレジットで買おうとしたところ、アカウントに保留中の取引があるから処理できないとか何とかぬかしやがって購入できなくなりました。

マジかよ、おい。
まあ、多分さっきのコンビニ決済情報がどこかに残ってるから、それを削除しなきゃダメってことだよな。
と思って探してみるも、見つからず。

どこにあんだよ、キャンセルボタン!
っていうか、取引情報の一覧すら見つからねえ!


この辺は日本人の感覚と欧米の感覚が違うんでしょうね。
GoogleにしてもAmazonにしても海外のシステムを日本語に翻訳しただけだと、メニューの構成や位置、分け方が非常に分かりづらい気がするのは私だけでしょうか?
欧米と日本のユーザビリティは方向性が全然違うと思うんですよ、個人的には。

ともあれらちがあかないので、困ったときのGoogle先生。
探すとあっという間に解決方法が見つかりました。
さすがです。ネットは偉大ですね。
ネットのない時代だと多分何時間もかかってようやく見つけた、とかいった感じになっていたと思います。
ズバリ私が困っていたケースそのものだったので、リンク先ページのおかげで無事解決。

そこにあったのか、購入履歴……。
っていうか購入履歴って言葉はおかしいだろ。決済終わってないんだからまだ購入前じゃね?
そこは注文履歴とかに変えてくれよ日本語ローカライズ担当者さん。

とまあぐちぐち言いながらも無事決済終了し、ダウンロード。
一応インストールして動作確認するところまではOKでした。

20160625000546.png


明日(すでに今日だけど)の朝は早いんで、プレイは明日以降に持ち越しです。


というわけでただ今サマーセール中でとってもお得なHOI3。
本体だけなら245円ですが、どうせなら拡張パックも全部込みの『Hearts of Iron Collection III』 がおすすめです。
さすがにリリースしたばかりのHOI4は割引対象外ですが、他のパラドゲーも軒並み値引きされていますので、この機会にまとめ買いしちゃうのも良いかと思います。

サマーセールは2016年7月4日の10:00までだそうなので、買おうと思っている方はお早めに。(Steamのストアでは7月5日までと表示されていますが、たぶん時差の関係なんでしょうね)
Steam未登録の方はSteamのランチャーダウンロードとか色々あるので、買うのがギリギリにならないようお気をつけください。
posted by ダメ人間 at 01:00 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

HOI3 - エルサルバドルって・・・どこ? 6

hoi3_481.JPG

南米で残るはブラジルとアルゼンチンの2国です。
両国共に中南米では大きな部類に入る国ですが、IC自体はそれほど高くありません。
問題はその国土の広さでしょうか。
特にブラジルはジャングルが多い上に、港のない地域にVPが結構あります。

一方のアルゼンチンはウルグアイやボリビアからの国境付近にVPが固まっているので、速攻で制圧すればムダな戦闘をせずに勝てそうです。
ということで先にアルゼンチンを征服します。


hoi3_482.JPG


hoi3_483.JPG

イギリス様が盟主ですからね、仕方ありません。
介入される前に征服してしまえばそれで済む話、多分。

hoi3_484.JPG


hoi3_485.JPG

百戦錬磨の陸軍が有効になりました。
結構戦ってきたんだなぁ。

hoi3_486.JPG

で、アルゼンチン併合です。


残るはブラジルのみ、と言いたいところですが・・・。
今まで無視してきましたけどメキシコも一応中米地域の国なんですよねー。

中南米の大部分を制圧してIC的にも中堅国家の仲間入りをした今のエルサルバドルにとって、メキシコは決して勝てない相手ではありません。
なんといっても連合国の一員という立場を利用すれば、アメリカ様の軍隊が陸伝いに侵攻してくれるのでほとんどほったらかしでも勝てると思います。

でもでも、それじゃあまりに寂しすぎる。
第一メキシコの国土をアメリカにもっていかれたら「中米を制圧した」とは言えません。
実際の所、一番の問題は【どうやってアメリカよりも先にメキシコを占領するか】という点につきます。

VPプロヴィンスの位置を確認し、速攻で征服を完了する・・・したい・・・できるかな?

迷ってても始まりません。
メキシコを西海岸、東海岸、南の国境の3箇所から同時に攻撃して、速やかにVPプロヴィンスを確保する!





はずだったのですが・・・。

hoi3_488.JPG


hoi3_489.JPG

正直アメリカ軍の進軍速度をなめてました。
こっちが1プロヴィンス進撃する間にアメリカが2プロヴィンス進む有様。
アメリカと国境を接するメキシコ領はあっというまに青色に染まっていきます。

結局大部分のプロヴィンスを取られてしまいました。orz

hoi3_490.JPG

やっぱ山岳兵では自動車化歩兵とか機甲兵とよーいどんで競り合うのは無理ですよ。無理無理。


まー、もうこれはあきらめましょ。

さっさと残るブラジルを制圧しちゃいましょ。


で・も・ね。

諜報画面で見ると、ブラジルの陸上戦力はこちらの約3倍(増えてるなぁ〜。時間かけ過ぎたもんな〜。)

hoi3_492.JPG




加えて海軍にはこれまた恐ろしげなシルエットの艦隊が・・・。

hoi3_491.JPG


うちの艦隊なんて駆逐艦3隻と輸送艦5隻しかありませんよ?
これ、絶対上陸部隊が船ごと沈められるパターンでしょ?

でも陸伝いに攻めるには戦力不足だし、海岸線沿いにあるブラジルのVPプロヴィンスを強襲して短期決戦するしかないよね。
さすがにこれはちょっと戦力不足です。海軍が。
仕方ないので少し時間をかけて、重巡洋艦を数隻建造することにします。
無駄な時間だなー。






で、待つこと2年。
重巡洋艦が4隻就航したので、いよいよブラジルへ侵攻です。

ウルグアイ・パラグアイ・アルゼンチン方面へ配備する戦力はありませんので、全兵力をもって東海岸へ上陸し敵VPを奪取にかかります。

hoi3_493.JPG



戦力を集中したおかげで局地的には有利な兵力で戦うことができ、大部分のVPプロヴィンスを占領。
ところが、あとひとつ。あとひとつVPを取れば勝利というところで補給が滞り、攻めるに攻められない。
戦力的には優位なのに・・・。
あと一歩なのに・・・。



で、時間はかかってしまいましたが、ブラジルを併合。

hoi3_494.JPG



これでようやく中南米制圧完了です。

hoi3_495.JPG

hoi3_496.JPG

ブラジル制圧で手間取っているあいだにオランダが勝手にブラジル南部に上陸しちゃいまして・・・。
かなりの領土をかすめ取られちゃいました。

hoi3_497.JPG

重巡洋艦の建造待ち時間に戦争状態を維持するため、手当たり次第に中立国へ宣戦布告してましたのであちこちに飛び地が出来てます。
ポルトガルとかスペインとかトルコとか。
地味〜に資源生産地を手に入れることが出来ました。

hoi3_498.JPG

アフリカとかどうでもいいんですが。




以上でエルサルバドル興国記は終わりです。

反省点はひとえに「時間かけ過ぎ」ですね。
IC7のまま突っ走っちゃたので、結果ICを増やすために12年もムダにしましたし、対ブラジル戦で重巡洋艦を作るのに2年もムダにしてしまいました。

最初からICを増やすよう工場を建てて、重巡洋艦も余裕がある時に前もって建造していればもっと早く終わったと思います。(というか時間かけ過ぎたからブラジルの軍備がふくれあがってたわけですが)

反省点を踏まえて再プレイすれば10年くらいは短縮できるかもしれません。

もちろんやりませんけど。

posted by ダメ人間 at 23:25 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

HOI3 - エルサルバドルって・・・どこ? 5

ようやくICも増えて、チリ攻略で勢いに乗る我がエルサルバドル軍。
さあ、次はボリビアだ!
って思ってたら。


hoi3_454.JPG
連合国の勝利です。


もともとの目標が中南米攻略なので連合が勝利しようがしまいがあまり関係ないんですけどね。

ただ、問題はそのあと。

hoi3_455.JPG


えーと・・・、ってことは枢軸陣営の亡命政府が軒並み消えちゃうわけですね。

hoi3_457.JPG

hoi3_458.JPG

ドイツやイタリアをはじめとして

hoi3_459.JPG

hoi3_460.JPG

hoi3_461.JPG

hoi3_462.JPG

hoi3_463.JPG

hoi3_464.JPG

hoi3_465.JPG

hoi3_466.JPG

これまでエルサルバドルが征服してきた国をことごとく併合することになります。
結果、中米は真っ白に

hoi3_467.JPG


いや、良いことですよ。
良いことなんですけどね。
せっかく12年もかけてICをチマチマと増やしていってようやく実質IC33までたどり着いたのに

hoi3_470.JPG
その努力をあざ笑うかのごとく、併合した国のICが加算されて実質IC53に。
必死こいてIC上げてきた今までの12年は一体何だったんだ・・・。orz



気を取り直して、

こちらが現在の欧州です。

hoi3_469.JPG

完全に枢軸国が消えました。


南米はチリ攻略部隊をそのままボリビアへ派遣します。
マゼラン海峡の攻防で既にボリビア軍も疲弊しているので、難なく征服。

hoi3_471.JPG


さらには国境を接しているパラグアイへも侵攻。

hoi3_472.JPG

hoi3_473.JPG


反転して今度はペルーを攻略します。
南北から挟撃して征服完了。

hoi3_474.JPG

hoi3_475.JPG


南米の西海岸は完全にエルサルバドルの支配下になりました。

hoi3_476.JPG



残ったウルグアイもさっさと制圧してしまいます。
hoi3_477.JPG

hoi3_478.JPG

hoi3_479.JPG


ボリビアの亡命政府はウルグアイに居たみたいですね。

hoi3_480.JPG


hoi3_481.JPG


posted by ダメ人間 at 15:51 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOI3 - エルサルバドルって・・・どこ? 4

ICの上昇にはかなりの月日が必要になりそうです。
加えて言えば、ICが増えたとしてもその後に戦力を増強する時間も必要です。

んで、その間に中南米諸国が連合入りしてしまっては困るので、そろそろ連合へ加入しそうなチリ・ボリビア・ウルグアイ・パラグアイ・キューバへは先に宣戦布告しておきます。
ブラジル・ペルー・アルゼンチンは連合と枢軸の間をふらふらしてるので、まだ宣戦布告はしないでおきます。
国境を接している国(ペルー・ブラジル)へ宣戦布告していないので、じっくりICと戦力の増強にかかれます。(強襲上陸だけは警戒しないといけませんが)








時は流れ








1958年。

hoi3_453.JPG

実質ICが33にまで増えました。
12年かかりましたがw

hoi3_444.JPG

戦力の方も着実に増強しつつあります。
ようやく5個師団です。
ペルーやボリビア並みには増えました。



世界情勢はというと、欧州戦線は既に落ち着いていますがアジア方面が結構忙しいみたいです。


ただ、珍しいことに今回は


まさかのオーストラリア大活躍


hoi3_442.JPG


シャムに上陸後、北上して中国方面へ進出。
日本軍を蹴散らしてどんどん支配地を拡大してます。


とうとう日本を征服。

hoi3_443.JPG


hoi3_445.JPG


欧州のオランダ・ベルギーといい、オーストラリアといい、今回はなかなか不思議な展開が続きます。



さてさて、ようやく準備も整ったところで(時間かけすぎですが)侵攻を再開します。
まずは近場のキューバから。

hoi3_446.JPG


hoi3_447.JPG


hoi3_448.JPG



次はいよいよ南米です。

既にいくつかの国には12年前に宣戦布告しています。
状況はこんな感じです。

hoi3_449.JPG


チリ・ボリビア・パラグアイの3国は同じ枢軸国で国境を接しているため、互いに陸伝いで援軍が送れます。
選択肢としては3つ
1.近場のペルーから攻める
2.自国の安全を確保しつつチリを攻める
3.孤立しているウルグアイを攻める

1番だと宣戦布告と同時にペルーが枢軸国入りしてしまい、4ヶ国の軍隊を同時に相手にしなくてはいけなくなるので却下。
3番はウルグアイ1国を相手にするだけなので楽ですが、その後の状況には何の変わりないので得るものも少ない。(南米に自国の港を手に入れるというメリットはあるが)

ってことで消去法の結果2番を採用することにしました。

そもそもチリって攻めやすく守りにくい国土ですよね。
国土の広さに対して国境線や海岸線が長すぎる。

今回はそれを十分に活用させてもらいます。
幸いアルゼンチンはまだ中立国のままです。
いわばチリの国土は長い回廊のようなもの。
挟撃・包囲が簡単にできるわけです(逆もまた然りですけどね)

つーことで、フォークランドにあるイギリスの港から上陸部隊をのせてマゼラン海峡へ上陸。
(自国の港からでは届かないので)
もちろんこのあたりには港が元々ないので、事前に港を生産しておいてから上陸→即港設置です。

そうすると南北に長いチリの国土を伝って枢軸国の陸上戦力がやってくるので

hoi3_450.JPG


輸送船からの上陸部隊で退路を断って包囲殲滅します。

hoi3_451.JPG


もともとチリ・ボリビア・パラグアイの合計戦力はエルサルバドルの2倍になるので、正面から上陸作戦を行っても失敗する可能性があります。
が、この方法なら一度に多勢を相手にする必要もありません。
敵が増えすぎる前に適度に各個撃破していけば、着実に敵が減っていきます。

敵の攻勢が弱まるまで何度か包囲殲滅を繰り返し、時期を見て反攻に出ます。
陸上を歩いて行くと大変なので、海岸線から首都近辺に上陸してチリの征服を完了!

hoi3_452.JPG


次はボリビアです。


posted by ダメ人間 at 10:59 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

HOI3 - エルサルバドルって・・・どこ? 3

さーて、これまでトロトロとしていた分、取り戻さないといけません。

hoi3_428.JPG

パナマにもそそくさと宣戦布告して、

hoi3_429.JPG

さくっと征服。

hoi3_430.JPG




余勢を駆ってコロンビアに攻め込みます。

hoi3_431.JPG


hoi3_432.JPG


なんとか征服できましたが、結構ギリギリの戦いでした。
コロンビアの首都が山奥にあるので速攻というわけにもいかず、時間をかけてしまうとあちこちで押し返されてしまう戦場がでてきました。
もともと戦力はコロンビアの方が多いようなので、首都を無理矢理強襲してなんとか強引に勝ったという感じです。
現状の戦力で正面から戦うのは無理っぽくなってきました。



で、そんな1944年10月時点の欧州勢力図がこちら。

hoi3_433.JPG

なんとびっくり、オランダとベルギー領がしこたま広がってます。
なかなかお目にかかれない光景です。
(実際はオランダやベルギー領からアメリカ軍やイギリス軍が進撃してるだけなんだろうけど)

しかしフランス・・・哀れなり。



中南米戦線はコロンビア制圧後、エクアドル→ドミニカ→ハイチと征服していきます。

hoi3_434.JPG

hoi3_435.JPG

hoi3_436.JPG



続いての標的は石油資源の豊富なヴェネズエラです。

hoi3_437.JPG


VPプロヴィンスは国境を接するマラカイボと海辺の首都だけなので、旧コロンビア領から陸伝いの部隊と海からの強襲上陸部隊に分けて攻め入ります。

hoi3_438.JPG


hoi3_440.JPG

ヴェネズエラ軍が国境から戻ってくる前に首都を陥落させて征服。
石油資源の豊富な国土を手に入れました。


欧州はこんな状態

hoi3_439.JPG

ベルギーw



ここまででコロンビア、エクアドル、ヴェネズエラと南米の国々を征服して領土を大きく広げた我がエルサルバドル。
しか〜し!それでもICは5(実質IC7)のまま。
工場のない中米の小国と違い、工場を持っているヴェネズエラ等の国々を征服してもこの状態というのはどういうわけか!

結論から言えば、エルサルバドルが宣戦布告した国々が枢軸国入りしてる。→亡命政権化してしまって併合できないのでいつまでたってもICが増えないってことです。
おかしいなーとは思ってたんですが、どうやら宣戦布告した瞬間に相手国が枢軸国入りしてしまってるみたいです。
エルサルバドルが連合陣営で、枢軸陣営と交戦中だからなんでしょうけど・・・。
だからといって連合から宣戦布告される=即枢軸国入りってのはなんだかな〜。

ICが増えないもんだから、歩兵の生産もままならない状態です。
最初にグアテマラを攻めた時から1旅団増えただけの貧弱陸軍はそのまま。
2個師団と2旅団という戦力でよくこれまで戦ってきたもんですよ。

正直なところ、中米の小国はともかくとして、コロンビアに勝てたのは運が良かっただけですし、エクアドルやヴェネズエラにいたっては奇襲でVPのみを奪い取ったのでルール上勝てただけの話です。
正面から戦ってたら多分勝てません。
ハイチ戦でも危うく包囲殲滅されそうになったし。

この先ブラジルやアルゼンチンを敵に回すとなると、どう考えてもIC7では追っつきません。
てことで、しばらくは進撃の手を休めICの増強に励みたいと思います。
こんなことなら最初から工場作り続けてた方が時間を無駄にせずに済んだかもしれませんが、今となっては後の祭りです。

hoi3_441.JPG



欧州の枢軸国は全滅。
ということはおそらく日本あたりに亡命政権がたむろしてそうですが、日本の陥落はまだまだ先の話になりそうです。
征服済みの南米諸国を併合するよりも工場を増やした方が早いだろうという判断です。


posted by ダメ人間 at 19:21 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。