2013年08月21日

ProtoTypeGate プロトタイプゲート


【第五回ウディコン】エントリー作品 No.80

■タイトル
ProtoTypeGate プロトタイプゲート

■作者
「牛乳は固体だ(仮)」さん
http://sns.prtls.jp/piporpg/login.html;jsessionid=007ABB54D773E3F02E1233F84DA5AD21

cap1.gif


■プレイ時間
20分

■ジャンル
アクションRPG

■プレイ感想
2D見下ろし型のアクションRPGです。
マップ上をうろつく敵へアクションキー(Aキー)で攻撃します。

cap2.gif


ただ、内容うんぬん以前に操作性が悪すぎて中身に集中できません。
キャラクタの移動は方向キー、メニューの操作はWASDキーというのが致命的に面倒くさいです。
それまで方向キーで操作していたのを突然WASDに切り替えるというのは相当慣れが必要だと思います。(要するに上下左右の動きを左脳から右脳へとっさに切り替える必要があるということですから)

cap3.gif


メニュー呼び出し時にはポーズをかけて、メニュー内でも方向キーを使えば良いだけなのですが、どうしてこういう仕様にしたのでしょう?
メリットはメニュー呼び出し中に移動が出来ることですけど、そもそも攻撃に使う「A」キーがメニューカーソルの操作に使われるので戦闘は出来ません。だったら一時停止させた方が操作が楽ですし、初見プレイヤーにとって敷居も低くなるでしょう。
移動しながらメニュー呼び出しが出来るメリットが、操作性の悪さというデメリットと引き替えにするほどのものとは正直思えませんでした。

文章で書くと大した問題では無いように感じますが、実際にプレイしてみるとかなりストレスが溜まります。
アクションRPGなのに使うキーが13個もある時点で、プレイヤーには優しくありません。

cap5.gif


cap4.gif


鍛冶システムとか楽しめそうな下地はあるのに、ただ唯一キー操作の問題で放り投げてしまいました。
メニュー呼び出しをしなければ、多少爽快感に欠けるもののアクション部分は楽しめます。
独特の操作方法に慣れてしまえばもとの作りはしっかりしていそうな分、良い作品なのかもしれません。


posted by ダメ人間 at 18:09 | 第五回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。