2013年07月28日

カムイコタン


【第五回ウディコン】エントリー作品 No.2

■タイトル
カムイコタン

■作者
「ひげ」さん
http://higesusk.blog.fc2.com/

ScreenShot_2013_0728_14_12_41.png


■プレイ時間
30分

■ジャンル
3DダンジョンRPG

■プレイ感想
やっぱり今年もダンジョンRPG系は多いんでしょうか。
こちらの作品は見た目オーソドックスな3DダンジョンRPGです。(といっても3DダンジョンRPGで見た目に特色は出しづらいけど)

ScreenShot_2013_0728_14_26_16.png


敵を仲間にして育成していく女神転生タイプのゲームです。
主人公は戦闘に参加しません。
倒した敵は「データ」という扱いになり、拠点に戻ることでいつでも仲間に入れたり外したり、「上書き」したりできます。

ScreenShot_2013_0728_14_16_35.png


ゲームシステムとしては商業・フリゲ問わずあちらこちらで見かける内容ですが、こちらの作品は作り込みが非常に丁寧でレベルが高い。
3Dダンジョン物にありがちな操作性の不満は、この作品に関して全く感じられません。
ごく自然でストレスを感じないマップ移動のアニメーションもすごいですが、オートマッピングひとつとっても使いやすさや見やすさがフリーゲームとは思えないほど質が高いです。

ScreenShot_2013_0728_14_27_14.png


ScreenShot_2013_0728_14_27_20.png


キー操作の一覧がボタン一発で表示されたり、移動時に「平行移動」が使えたり、仲間の装備を「最強装備」で簡易に更新できたりと、プレイヤーが必要と感じる部分への細かい心配りが非常にニクイ。

ScreenShot_2013_0728_14_31_25.png


グラフィック・BGMを含めたゲーム全体としての雰囲気作り、ストレスのない操作性、目立たないけれどユーザビリティを高めるのに一役買っている個々の機能。
3DダンジョンRPGのジャンルが好きな方なら安心しておすすめできる作品です。

posted by ダメ人間 at 16:25 | 第五回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする