2013年07月31日

夏至


【第五回ウディコン】エントリー作品 No.17

■タイトル
夏至

■作者
「TeaOcean」さん
http://aqaorg.seesaa.net/

ScreenShot_2013_0731_22_39_31.png


■プレイ時間
30分

■ジャンル
謎解き

■プレイ感想
ホラーテイストの謎解きゲーム。
ホラーはホラーなんですが、絶叫するような感じではなく時折「ビクッ!」とするくらいの微ホラーです。
なんというか、ホラーなのにシュールな雰囲気が漂う独特な作風ですね。

ScreenShot_2013_0731_22_50_38.png


謎解きはそれほど難易度も高くないです。
謎解きが苦手な私でも、時々手を止めながらノーヒントで進んでいけるくらいでちょうど良い歯ごたえでした。
こまめにセーブもさせてもらえますしね。
まあ、逆に謎解き大好きな方には物足りないのかもしれませんが。

ScreenShot_2013_0731_23_13_22.png


ScreenShot_2013_0731_22_57_07.png


ScreenShot_2013_0731_22_47_28.png


とはいえ好き嫌いがハッキリ分かれそうなジャンルですよね〜。
謎解きとかホラーって、苦手な人にとっては食指がピクリともしそうにないんで。
でも入門編にはこの作品、ちょうど良いと思うのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。
posted by ダメ人間 at 23:34 | 第五回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーガ


【第五回ウディコン】エントリー作品 No.16

■タイトル
スポンサーガ

■作者
「ブー太」さん
http://urauraurauraura.web.fc2.com/

ScreenShot_2013_0731_21_00_43.png


■プレイ時間
60分

■ジャンル
シミュレーション

■プレイ感想
冒険者を雇い、派遣して依頼をこなしていくというシミュレーションゲーム。
戦士や学者など、各職業ごとの特性を生かして依頼を成功させ、その報酬を得て所持金を増やしていきます。

ScreenShot_2013_0731_21_12_04.png


ScreenShot_2013_0731_21_10_40.png


ScreenShot_2013_0731_21_10_28.png


荒事なら戦士、治療なら医師、潜入なら隠密、といった風に職業ごとに得意とする仕事があります。
逆に戦闘メインの依頼へ学者を派遣してもほとんど成果がありません。
適材適所とスケジュール管理を両立させながら依頼をクリアしていく必要があります。
いかに早く各職業の得意分野と各依頼の要求スキルを把握するかが成功のポイントです。

ScreenShot_2013_0731_21_10_12.png


ScreenShot_2013_0731_21_41_27.png


イベント演出などもありますが、どうしてもこの手のゲームは基本的に地味な展開になってしまいます。
私自身はこういったシミュレーション物が好きなので全然問題ありませんが、数字とか管理とかいった言葉や内容が嫌いな方には退屈に感じる内容かもしれませんね。

経営物のシミュレーションがお好きなら、多分楽しめると思います。

posted by ダメ人間 at 22:20 | 第五回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オタク☆ジェネレーション〜いろんな意味で深い物語〜


【第五回ウディコン】エントリー作品 No.15

■タイトル
オタク☆ジェネレーション〜いろんな意味で深い物語〜

■作者
「えんどう」さん
http://hpendows.web.fc2.com/

ScreenShot_2013_0731_20_23_04.png


■プレイ時間
15分

■ジャンル
RPG

■プレイ感想
主人公がオタクという設定のRPGです。
設定は変わっていますが、システムそのものはオーソドックスなタイプです。

ScreenShot_2013_0731_20_37_18.png


戦闘もコマンド式のウディタ基本システムなので、初見でも戸惑うことはないでしょう。

ScreenShot_2013_0731_20_37_24.png


作りそのものは粗い部分がありますが、破綻しているというレベルではありません。
普通にプレイできます。

ただ、レベル1から2に上げるのにずいぶん長い時間がかかりましたし、会話文を一度見落とすとどこへ行って良いやらわからなくなるなど、細かい問題点は多いです。

ScreenShot_2013_0731_20_33_07.png


あとはせっかく「主人公がオタク」という変わった設定なのですから、もっと主人公のキャラを濃く前面に押し出さないともったいない気がします。
もしかすると中盤以降にそういった描写が出てくるのかもしれませんが、序盤イベントの会話文見てると普通の男の子と何ら変わりがありません。
オープニングイベント&最初の15分をプレイした限りではオタク臭が全く感じられませんでした。

posted by ダメ人間 at 20:55 | 第五回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷宮王国ワンダム


【第五回ウディコン】エントリー作品 No.14

■タイトル
迷宮王国ワンダム

■作者
「ryu_asu」さん
http://sizenkimama.blog20.fc2.com/

ScreenShot_2013_0731_18_53_07.png


■プレイ時間
40分

■ジャンル
RPG

■プレイ感想
毎回構成の変わる自動生成ダンジョンを踏破し、これまたランダムで出現する武器や防具をコレクションしつつパーティメンバーを強くしていくタイプのゲームです。
ローグライク……とは言いませんが(ターン制じゃないし、戦闘もスタンダードなコマンド式だし)、ローグ的要素はかなり盛り込まれています。

ScreenShot_2013_0731_19_18_19.png


町を拠点にダンジョンに潜っていくわけですが、町はギルド内の一場面だけで簡易に再現されています。
プレイ時間の99%はダンジョン内の探索になると思います。

ScreenShot_2013_0731_19_12_43.png


ダンジョン内の敵は味方の動きとは関係なくリアルタイムで動いているので、いわゆるシンボルエンカウント方式というやつです。
前述の通り、戦闘もコマンド式のオーソドックスなタイプです。

ScreenShot_2013_0731_19_22_30.png


キャラクタは成長タイプを自分で操作でき、そのタイプも任意で変更できるため、かなり思い通りに育てることが可能です。
成長タイプとは言っても「戦士タイプ」「魔法使いタイプ」のような職種ではなく、「攻撃成長:4」「知力成長:2」のようにレベルアップした時の上昇能力値を事前に決めておく感じです。

また、スキルについても豊富に用意されていて、好きなキャラクタへ好きなスキルを設定することが出来ます。
スキルはダンジョンの宝箱の中からわりとかんたんに見つかります。

ScreenShot_2013_0731_19_27_30.png


ScreenShot_2013_0731_19_04_02.png


アイテム収集とキャラ育成が好きな方向けの内容ですね。

posted by ダメ人間 at 20:22 | 第五回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月の塔


【第五回ウディコン】エントリー作品 No.13

■タイトル
月の塔

■作者
「Tokugawa」さん
http://nanos.jp/tokugawa/

ScreenShot_2013_0731_17_39_46.png


■プレイ時間
15分

■ジャンル
アドベンチャー

■プレイ感想
短編の謎解きアドベンチャー。
拝み屋である主人公が塔のどこかにある少女の死体を探すというストーリーです。

ScreenShot_2013_0731_17_50_08.png


基本に忠実なアドベンチャーゲームです。
謎解き自体もかんたんですし、アイテム欄にある日記を読めばしっかりとヒントが書いてあるので、それほど悩むことなくクリア出来ると思います。

ScreenShot_2013_0731_17_50_29.png


ScreenShot_2013_0731_17_51_59.png


短いながらもちょっと悲しげな物語ですね。
導入部分の語りから考えるに、この先シリーズ物として続いていくのかもしれません。それはそれで楽しみです。
フリーゲームらしさが溢れる作品です。

posted by ダメ人間 at 18:07 | 第五回ウディコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。