2011年10月31日

HOI3 - 中国(国民党)で日本相手にドンパチを 3

気を取り直してもう一度最初からやり直しです。

【前回の反省点】
・完全に戦力不足。もっと戦力の充実を優先するべき。
・護衛艦の生産は間に合わない。よってアメリカ、イギリスとの貿易は対日戦開始以後は無理。
・AIはシャンシー防衛してくれんわ。手動で部隊を動かさないとみすみすシャンシーと共産党を日本に提供することになる。


基本的には1回目と同じですが、結局護衛艦の生産が間に合わないということがわかったのでそこはすっぱりとあきらめて陸軍戦力の強化に努めます。
開始時から陸上戦力を連続生産してとにかく開戦時に数の上でも対抗出来るようにしておかねば。




hoi3_090.jpg


ってなわけで1937年の7月。
盧溝橋事件が発生しました。
今度はAIに任せず、手動で満州国境へ防衛部隊を送り込みます。

hoi3_099.jpg




あ、そうそう。
アメリカ・イギリスとの通商協定を破棄しておくのを忘れないようにしなきゃね。

hoi3_100.jpg


どうせ日本に沈められるだけだし。




って、あれ?
なんでソ連との貿易に船使ってんの?
ダメじゃん、沈められるじゃん。

【設問】
中立国経由の陸続きなんだから、わざわざ対馬海峡なんて超危険な海域通ってウラジオストクから運んでくる必要ないじゃん?

【回答】
ソ連はヨーロッパ大陸扱いです。

あー、そうかー。
すっかり忘れてたわ。
ソ連はヨーロッパの国として処理されてるから、例え国境を接していても船で資源運ぶわけね。

あちゃー。( ̄▽ ̄;)
ということはアメリカ・イギリス・ソ連の資源3大国との貿易は無理、と。

困ったな、これは。

日本の制海圏を通らずに輸入するためには中小国ばかりのアジア国家限定での通商協定になるわけね。
でもインドやイラクなどの資源を多く産出しそうなところはイギリス領or属国だし、はたして中国のICを支えきれるほどの資源がアジアに残っているんだろうか?

中東のサウジアラビアやペルシャあたりは資源持っていそうだけど、開始当初ならともかく今となっては中国が入り込む余地はなさそうだ。
これは・・・また失敗したなぁ。



輸入が激減する分、少しでも国内生産分を増やすために軍需大臣は資源+5%持ちの大臣に変更しておきます。

hoi3_101.jpg



本来ならば陸軍は歩兵師団で固めたいところですが、それでは十分な数がそろいそうにありません。
ってなわけで戦力的には劣りますが、民兵を大量に生産します。

hoi3_102.jpg


肩にトゲトゲの飾りをつけていたあの人も言っていたように、戦争は数です。
中国最大の武器は無尽蔵の人的資源、さらによくよくみれば研究も民兵の方が進んでますし実践的知識も民兵に関してはかなり大きな値になってます。

hoi3_110.jpg


民兵関連の技術研究はかなり早く進みそうですわ。



で、前線に部隊を移動させた後、AIに委任(←あくまでも自分で操作する気は無しw)
最初のうちは「おっ!良い感じ」と思ってましたが、だんだんと押され気味になってきました。
原因は

「てめぇ、こら、シャンシー。戦えよっ!おめぇんとこの支配地を守ってんだぞ!」

hoi3_103.jpg


シャンシー軍が勝手にどんどん後退していき、前線はかろうじて国民党軍が維持しているという有様。
共産党にいたっては自分の支配地から一歩も出ようとしません。

なぜだ?
こっちが日本をプレイしていた時は国境に中華オールスター軍が集結していたはずなのにっ!
納得いかねー!


hoi3_104.jpg


で、結局戦線を支えきれずに2度目の敗北。

うーむ・・・、また失敗だ。

hoi3_105.jpg

posted by ダメ人間 at 23:42 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

HOI3 - 中国(国民党)で日本相手にドンパチを 2

では準備も整ったことですし、いよいよ時間を進めます。


時間を進め始めてすぐに「1年間の兵役」と「戦時経済」を選べるようになります。

hoi3_087.jpg


hoi3_088.jpg


「1年間の兵役」のペナルティ緩和と「戦時経済」のIC+25%と資源+10%は非常にありがたいので、お金が貯まり次第順番に制定していきます。

実際ここまでやると後は開戦まで大してやることがないんですよねー。
貿易で資源を貯め込みつつ、1937年の7月を待つことにします。







hoi3_090.jpg


はい、やってきました盧溝橋事件。
いよいよ開戦ですよ。

hoi3_091.jpg




開戦と同時にさらに有利な徴兵法の「変動徴兵制」が制定できるようになります。

hoi3_092.jpg


戦時ではこれを選ばない手はありません。
すぐに変更します。



あと、経済法の方もIC+50%の「全面的経済動員」を制定します。

hoi3_093.jpg


資金-50%がおまけでついてしまいますが、どうせ国内で生産される資金なんて微々たるものです。
IC+50%と資源+25%の方が良いに決まってますね。



結局シーレーン防衛は研究が終了したものの、肝心の護衛艦生産が間に合ってません。
つ・ま・り。開戦早々に無防備なままの輸送船が沈められていくということです。

hoi3_094.jpg


あー、失敗したなー。





こちらは肝心の華北戦線です。

hoi3_095.jpg


防衛戦とか面倒なので(←コラコラ)AI任せにしちゃいました。えへっ♪(〃⌒∇⌒)ゞ
目標を北京に設定しておいたのですが・・・。


あれぇ?
全然動いてくれないぞ?
おかしいなー?

hoi3_096.jpg


って思ってるうちにシャンシーが早々に併合され、あっという間に黄河対岸まで日本軍が迫っているではありませんか!?
おいおい、AIなにやってんのよ?



その後あっという間に押し切られて

hoi3_097.jpg


あえなくゲームオーバー。

hoi3_098.jpg


むぅ。今回の作戦は完全に失敗であります。

posted by ダメ人間 at 20:55 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

HOI3 - 中国(国民党)で日本相手にドンパチを 1

前回プレイ時とは逆に今回は中国(国民党)でプレイしてみます。
シナリオは1936年「戦争への道」です。

hoi3_072.jpg


この時代の中国史はほとんど知らないので(かといって他の時代なら知ってるというわけでもないが)詳しくはわかりませんが、どうやら内戦状態のようになっているみたいです。
国民党(いわゆる現在の台湾政府の元)がこの時代の体制側になり、現在の共産党(現在の中華人民共和国)は地方の一反乱地域みたく小さな領土しか支配していません。
確かにこの状態から中国統一を成し遂げれば、毛沢東が共産党内で英雄としてまつり立てられるのも納得です。

共産党でのプレイは私にはかなり荷が重いので、国民党を指揮して日本相手にドンパチやってみようかと思います。


開始時の目標としては【日本を大陸から追い出す】というのを第一に掲げておきましょう。
あとは【中国統一(現在の中国国土の範囲内で)】が次の目標。

状況次第ではありますが、【日本の本土へ侵攻して併合】するところまで行ければ終了という感じです。
ただ、国民党の初期配備海軍では何かの間違いがあったとしても日本海軍には勝てるはずもなく。
制海権を得るために海軍の増強を待っていたら、一体何年かかるかわかったものじゃありません。
ま、状況を見ながらそのあたりは考えていきます。



まずは状況確認からです。

資源の生産状況はこんな感じ。

hoi3_073.jpg


エネルギーと金属は結構採れるのですが、希少資源と原油は輸入に頼らざるを得ないようです。


閣僚です。

hoi3_074.jpg


うーん・・・。軍需大臣の物資-10%と内務大臣のIC-3%はいただけませんね。
早々に交代してもらいましょう。


外交です。

hoi3_075.jpg


連合国と枢軸国のちょうど中間といったところでしょうか。
進む方向としては当然連合よりになります。
枢軸国加盟予定の日本と戦争するのですから、枢軸側によってしまっては目標がなりたたなくなってしまいます。






hoi3_083.jpg


将校の数が全然足りてませんね。
つっても3000人強増やせば良いのですぐですが。



基本ICは56。

hoi3_084.jpg


ならず者政治家のせいで実質54です。
やはり内務大臣は早々に更迭せねば!




陸軍です。

hoi3_076.jpg


歩兵が62旅団と少なくはありませんが、日本陸軍の進撃を防ぐには余裕とは言えません。
でも開戦までにどれだけ増やせるか・・・。




海軍は・・・。

hoi3_077.jpg


あー、えー、うん。
特にコメントなしw




空軍も・・・。

hoi3_078.jpg


はっはっは!w
わかってたことだしね!




ではでは、さっそくですが時間を止めたままで最初のお仕事にかかります。

まず軍需大臣ですが、物資-10%なんて誰得?なので消費財の需要をちょっとだけ抑えてくれる大臣に変更します。

hoi3_079.jpg



内務大臣のIC-3%なんてもっと酷いですね。

hoi3_080.jpg


でも交代要員は国民不満度の日次変化+1%の大臣だけです。
これも良くはありませんが、IC-3%に比べればまだマシです。




諜報です。

hoi3_081.jpg


あいかわらず同じ大陸の国全てにスパイ派遣の優先度1が設定されてます。
開始時点でアフガニスタンとかサウジアラビアとかにスパイを送る必要性がないというか日本や満州に送り込むのが先だろ!ってことで一個ずつ優先度を0に変更していきます。
地味〜に面倒くさい作業です。



技術研究の方は中国最大の武器である人的資源をさらに有効に活用するため「農業」を研究、そして歩兵の強化と「シーレーン防衛」を選択しました。

hoi3_082.jpg


いくら国内に資源があるとはいっても、この時代の中国はそれを採取する技術がともなっていません。
現代の資源大国中国とは違い輸入に頼らなければIC56すら満足にまかなうことが出来ないみたいなので、どうしても資源は輸入することになります。

ところが世界の資源生産工場アメリカとイギリスは海の遙か彼方。
輸入のためには船で資源を運ぶのですが、その海路は完全に日本の領海内・・・。
台湾が日本領なので、基本的に中国は日本の制海圏を抜けないと貿易ができません。
対日戦が始まると輸送船がガンガン沈められそうです。

じゃあ、護衛をつければ良いじゃないかと思ったら、なんと国民党では護衛艦の生産ができないとな!?
なんでだー?と見てみると護衛艦を生産するには【シーレーン防衛】のドクトリンが必要だとか・・・。

「えー?マジかよー?補給路の護衛なんて紀元前からある話だろー?ドクトリンなんてなくても誰だって考えつくじゃーん!」
とか何とか愚痴っても仕方ないので、最優先で【シーレーン防衛】を研究する事になってしまいました。


外交はとりあえず連合に向かってまっしぐらです。

hoi3_085.jpg


日本と真っ向から戦うんだから枢軸に行くのは問題外。
共産に向かうのもアリっちゃアリですが、それじゃ単に中国(共産党)じゃないですか。



生産の方は最優先で戦力の充実を図るために歩兵師団を連続して生産し、どうせ被害が出るのは明らかなので輸送船も生産しておきます。

hoi3_086.jpg
posted by ダメ人間 at 01:00 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

HOI3 - とりあえず日本でプレイしてみる 5

どうもAI任せだと動きが無さそうなので、上海方面の戦線を縮小して再編した部隊を使って華北戦線の後背を強襲することにします。

10個師団ほどを華北戦線の南側に上陸させ、そのまま西進。
後に北上して関東軍と合流させようと試みます。

hoi3_058.jpg


結果的には切り崩した海側の戦線から敵が崩壊。
穴が出来た敵の戦線を関東軍がついばんで行き…。

hoi3_059.jpg


あっという間にシャンシーを併合です。
こんな事なら早めにやっときゃ良かった…。

取り残された国民党軍と共産党軍にはかわいそうですが、さっさと殲滅してご退場願いましょう。

hoi3_060.jpg



で、シャンシー領を併合したことで蒙古国の建国が可能になりました。

hoi3_061.jpg


資源的にもIC的にもそして防衛上の都合からもこの地域を保有しておくメリットはあまりないので、蒙古国には即時独立をしてもらいます。

hoi3_062.jpg
ひっそりと蒙古国建国です




んで、余勢を駆って共産党も即時占領。

hoi3_064.jpg



ちなみに戦闘が発生した時にマップ上に表示されるこのアイコン、これ良いですね。

hoi3_063.jpg


hoi2ではいちいち戦闘の詳細を開かないと確認できませんでしたが、このアイコンのおかげで戦局がどちらに有利なのかがマップ上から一目でわかるようになりました。(緑だと有利、赤だと不利。表示されている数値は具体的な進撃度を表します。100で攻撃側勝利、0で攻撃側敗北)
こういう地味だけど効果の高い機能はプレイヤーとしてホント助かります。



共産党を併合した後はそのまま南下して内陸部の勝利ポイント(VP)を平らげていきます。

hoi3_065.jpg


しっかし、なんだか変な進軍ルートですね。
途中で分断されたら山奥の敵地で前線部隊が孤立→殲滅されるという悪い例です。
ただ、AIに委任している関東軍が良い感じに戦線の穴を埋めてくれてるみたいで、とても助かってます。

hoi3_066.jpg


AIはダイナミックな用兵はしないものの、防御線を固めたり戦線の穴を埋めたりと地味なところではきっちり動いてくれますね。
防衛戦や戦線の構築はAIに任せて、戦線が膠着したら手動で搦め手を投入する。というのがhoi3では良いのかもしれません。
間違いなくプレイヤー(私)は楽ですし。(綿密に戦線を構築するのとかって面倒でキライなんですよ)


hoi3_067.jpg


で、上海方面から撤収した部隊で華北平原を強襲し、7割方のVPを確保したあたりで国民党をようやく併合することが出来ました。

hoi3_068.jpg


hoi3_069.jpg


国民党の属国であるシーベイサンマも国民党の併合と同時に日本の属国に変わります。
あとは南部の広西軍閥・内陸部のユンナンやチベットなどが残っていますが、正直なところ消化試合にしかならないので今回は割愛します。




今後のためにパルチザンがどれだけ発生するのか試しに時間を進めてみましたが…。

hoi3_070.jpg
やっぱり併合するとパルチザン発生率高いな


意外にパルチザン発生しませんね。
hoi2では国民党併合すると反乱祭りだったのですが、hoi3ではあそこまで酷くないようです。

hoi3_071.jpg


5ヶ月くらいして初めてパルチザンが発生しました。
うん。これくらいなら併合という選択肢もアリですね。



というところで、初回プレイは一応ここまでで終了です。
次回は立場を変えて中国(国民党)側で対日戦をやってみようと思います。

posted by ダメ人間 at 12:11 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

HOI3 - とりあえず日本でプレイしてみる 4

hoi3_045.jpg
がんばってる関東軍の図



開戦から1ヶ月ほど経過しました。
状況はこんな感じです。

hoi3_046.jpg


うわぁー。
進展ほとんどなしw
膠着状態になっちゃってます。

動きそうにないので、戦力温存していた大本営麾下の部隊で上海方面へ上陸して陽動をかけましょう。

hoi3_047.jpg



敵の部隊を引きつけるために大きく展開して、南京もついでに落としてしまいます。

hoi3_048.jpg




現時点で判明している敵部隊の数は国民党・共産党・シャンシー・シーベイサンマあわせて119。

hoi3_050.jpg


hoi3_051.jpg


hoi3_052.jpg


hoi3_054.jpg


未確認の部隊もいるとは思いますが、開戦から1ヶ月経過しているのでおそらく大部分は前線に出てきているはず。
こちらの部隊数は同盟国の満州国をあわせて約200。
数の上ではこちらが有利(なはず)

さらには広大な領土を守らなければならない敵方の方が前線が広がるので、そのぶん部隊も薄くなってしまうはず。
幸い広西軍閥がまだ参戦してこないので、まだまだ余裕があります。

さて、これで華北戦線も好転すれば良いんですが。






ダメですな。

動きが見られません。

関東軍司令部の情報を見ると早急に必要な戦力として「歩兵67」とか要求してきてます。
いやいや、無理でしょw
そんだけの師団用意するのにどれだけ時間かかると思ってんのよ?

その後も青島を占領したり、

hoi3_055.jpg


こんな感じで包囲殲滅を繰り返して敵の消耗を計ってみたりしましたが

hoi3_056.jpg


hoi3_057.jpg


一向に華北戦線は動きがありません。
む〜。

そんなこんなしてるうちにカレンダーは1938年10月。
これはいかん。
開戦から1年以上経ってるのに戦線がほとんど動いてない。
やっぱAI任せはダメかな〜?



posted by ダメ人間 at 23:58 | Hearts of Iron3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする