2011年05月29日

カブは食べずに売るものか?

今回の「ひつじ祭り」はすでにリタイヤを決め込みましたが、「残ったカブはせっかくだから育てて収穫しちゃおう」とういうことで急遽カブ畑を耕します。

makiba020.jpg

見事に育ちました。


売却すると結構な金額になるので、売却額=経験値のこのゲームではずいぶんとおいしい作物といえるでしょう。

makiba021.jpg


せいぜい経験値稼ぎに利用させてもらうとしますか。

posted by ダメ人間 at 13:08 | まきば生活ひつじ村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

訂正ひつじの執事

前回入手可能なカブの数を計算するときに「土日に手に入れることが出来る普通のカブの種袋」が抜けていたので、それも含めて再計算。

期間中に課金なしで入手可能なカブは、土日分のカブを加えると
カブ・・・平日+土日が13日分だから 13日×5個(1袋)=65
限定カブ・・・土日が4日分だから 4日×5個(1袋)=20

限定カブは1つでひつじの毛を2つ入手可能だから、入手可能なひつじの毛の数は
カブ・・・65
限定カブ・・・40
合計で105

必要なひつじの毛が120
無課金で入手可能なひつじの毛は結局105

ん?どっちみち足りないや。

やっぱりヒツジの鉢入手のため「お嬢様の憂鬱」イベントは必須みたいですね。

あ、執事服/メイド服入手時のボーナス「限定カブの種袋」を含めれば125まで行くのか…。
どっちにしても白いロイヤルシリーズ作っちゃったら不足するし、相変わらず厳しいイベントであることには変わりないなぁ。

posted by ダメ人間 at 12:51 | まきば生活ひつじ村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

さらば ひつじの執事よ…

「ひつじ村」というわりにひつじの気配があまりしないこのゲーム。
今回のイベントでようやく白ひつじが出てきました。

白ひつじのグレイスンと黒ひつじのセバスチャンです。
makiba019.jpg



それはそうと今回のイベント、最終的に入手可能なイベントアイテムはひつじの執事らしいです。
具体的な能力はよくわからないものの、面白そうなので手に入れたいのはやまやまですが…。
入手するためには白黒それぞれのひつじの毛を50ずつ納品しなくてはいけません。
っていうか、そこにたどり着くまでの前提イベントでもひつじの毛が必要です。


いったいどれくらいのひつじの毛が必要なのか?
ざっと計算してみました。



まずは白ひつじのグレイスンを手に入れなければなりません。
そのためには黒いロイヤルシリーズをコンプする必要があります。

それぞれのロイヤルシリーズを入手するためのひつじの毛は
ロイヤルスイーツ 6
ロイヤルティーワゴン 5
ロイヤルテーブル 3
ロイヤルチェア 2
ロイヤルランプ 2
ロイヤルフェンス 2


で、合計20


白いロイヤルシリーズの方は必須ではないみたいなので、とりあえずは無視するとして…。

この後に
白いひつじの毛を50納品すれば白い執事服またはメイド服が、
黒いひつじの毛を50納品すれば黒い執事服またはメイド服が入手できます。

両方の執事服/メイド服を入手してからあとのことはwikiにもまだ出ていないのでわかりませんが、ここまでは必須ということですね。




んで、ここまで必要なひつじの毛が合計で120


一方、期間中に課金なしで入手可能なカブは
カブ・・・平日が9日分だから 9日×5個(1袋)=45
限定カブ・・・土日が4日分だから 4日×5個(1袋)=20

限定カブは1つでひつじの毛を2つ入手可能だから、入手可能なひつじの毛の数は
カブ・・・45
限定カブ・・・40
合計で85

必要なひつじの毛が120
無課金で入手可能なひつじの毛が85


うわぁ…ぜんぜん足りねぇ。




でわでわ。
白いロイヤルシリーズをコンプした後に受託できる「お嬢様の憂鬱」でヒツジの鉢を入手すればどうだろう?

白いロイヤルシリーズをコンプするためには、黒いロイヤルシリーズ同様白ひつじの毛が20必要です。
その後、「お嬢様の憂鬱」を達成するためにフェンス3枚分=ひつじの毛6が必要です。
ヒツジの鉢で入手できるカブの種は10個。(=追加入手可能なひつじの毛)

例えば「お嬢様の憂鬱」を10回達成した場合に、必要なひつじの毛の数は
黒いロイヤルシリーズコンプ・・・20
白いロイヤルシリーズコンプ・・・20
黒い執事服またはメイド服・・・50
白い執事服またはメイド服・・・50
ヒツジの鉢10個入手分・・・60


合計で200

入手できるひつじの毛は
カブの種から・・・45
限定カブの種から・・・40
ヒツジの鉢から出てくるカブの種から・・・100


合計で185


うわっ、まだ足りねぇ。


「お嬢様の憂鬱」を1回追加すると差し引き4つ分のひつじの毛が入手できるから、残りの15を埋めるためには追加で4回の達成が必要。
ということで、「お嬢様の憂鬱」を合計14回達成すれば両方の執事服/メイド服を入手するために必要なひつじの毛をGETできそうです。


ただ、そうなると今度は日数やら行動パワーの不足が気になります。
カブが育つ日数やひつじたちが「毛なし」から「通常の状態」に戻る日数など、ランダム要素が大きいので運次第でどうとでも変わりますが、「毛なし」から「通常の状態」に戻る日数を例えば3日として計算すると単純計算で

白ひつじのグレイスンを入手するまでは
必要なひつじの毛の数20×3日=60日

グレイスン入手後は2頭同時に進行すれば
残りの必要なひつじの毛の数180×3日÷2頭=270日

あわせて330日
限定カブを使えば日数が「限定カブの数20×3日分」短縮できるので、使いどころによっても違いは出てきますが270日

キャンペーン終了までのリアル日数が13日間なので、リアル1日あたりでゲーム内日数を20.8日進めなければなりません。
ゲーム内日数を1日進めるためには行動パワーが20必要なので、リアル1日あたりの必要な行動パワーは

20.8日×20ポイント=416ポイント

リアル24時間で回復する行動パワー480ポイントの87%が必要になりますので、回復する行動パワーを無駄にすることは許されません。
「気が付いたら行動パワー満タンになっちゃってた、エヘッ♪」は厳禁です。
おまけにヒツジの鉢からカブの種が出てくる日数も運任せだし、ひつじが通常の状態に戻ったときにカブが育っていないと日数がそれだけ無駄になるので、この計算は運よく円滑に事が運んだときの話です。

ということで今回のイベントでひつじの執事を入手するためには、行動パワーが満タンになる前に頻繁にPCにアクセスできる廃人ならば、行動パワー回復アイテム消費をすることでおそらく非課金でもなんとかなりそう。
仕事や学校がある普通人がひつじの執事を入手するためにはガッツリ課金が必要でしょう。


結論を言うと
はっきり言って非課金の普通人プレイヤーはお呼びではないようです。

完全に課金&廃人用イベント
「ひつじ祭り」




うん。
ふんぎりがついたよ!

今回のイベント、もうや〜めた!

もともとアバターってたいして欲しくないし、ロイヤルシリーズもイベント終了後にはゴミ箱行きだしね。
今回のイベントは最初から参加する必要なかったな。


でもイベント期間終盤になって「限定カブの種袋」大盤振る舞いとかやっちゃいそうで怖いけどねぇ、このゲームの運営は。

posted by ダメ人間 at 15:44 | まきば生活ひつじ村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

ドラゴンクエスト

dq1_1.png


言わずと知れた家庭用ゲーム機RPGのビッグタイトルドラゴンクエストです。
普段ゲームに興味がない人でも名前くらいは聞いたことがあるという知名度を誇るバケモノタイトルですね。

dq1_2.png


成長して少しずつ強くなっていく主人公。
キーアイテムを手に入れることで広がる冒険の舞台。
個性的な敵モンスター。
想像力をかき立てるストーリー。

その後の日本の家庭用ゲーム業界に多大な影響を与えたことは誰も否定できないでしょう。

dq1_4.png


表示されるキャラクターの画像が正面絵しかなくてカニ歩きしかしないだの、

話すコマンドを選択したあとに「話す方角」を「きた・にし・みなみ・ひがし」の中から選ぶ必要があるだの、

主人公が3色キャラだの、

ゴーレムが倒せねぇだの、

太陽の石がみつからねぇだの、

エンディングのローラ姫がうぜぇだの、

そんなことはどうでも良い。
だって楽しかったんだもん。

dq1_3.png


ただ、やはり古いゲームであることは否めません。
今の小学生たちがこれをプレイして、おもしろいと感じるか?と考えるとかなり疑問符が付きます。
逆に言えばこのゲームをリアルタイムで体験して、この時代からのゲームの進化とともに成長できたというのは運が良かったんだよなぁ…。

しかし…、このゲームのデータ容量は64KBらしいですね。
64KBってアンタ。そこいらのJPG画像1枚分のデータですよ。
そこにこれだけの遊びを詰め込んでるんだから、ホントすごいですよ。

内容云々以外にも、データを節約するという大仕事をこなさなきゃいけなかったんだもんなぁ。この時代のプログラマは。
主人公のキャラクタ画像ですら使い回しするなんて、今のゲームじゃとても考えられません。

dq1_5.png
左が主人公、右は町人

posted by ダメ人間 at 23:50 | 懐かしのゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

ダブルゼロカクテル

ノンアルコールビールが発売されてずいぶん経ちました。
飲んでもアルコールが含まれていないから飲酒運転にならないということで、車のドライバーを中心に売れているとか。
でも個人的に言えばビールからアルコールを抜いてしまったら存在意義はほとんど無いんじゃないか?と思ってしまいます。
のど越しを楽しみたいならコーラでも飲めばいいしなぁ…。

一番売れていると巷で噂のノンアルコールビールも試しに飲んでみましたが
これがまぁまずい
麦茶に炭酸混ぜたみたいで、ビールの味わいなんて微塵もありゃしねぇ。
2口飲むのが我慢の限界でした。

発泡酒くらいならまだ我慢できる。
味はともかく「安く酔う」という目的が達成できればいろんな部分にも目をつぶることができる。
でもノンアルコールビールではそれすらできない。



まぁ個人的な私の感想はどうでもいいとして、実際にはノンアルコールビールの売れ行きが好調らしいですね。
ノンアルコール市場を拡大すべくアサヒからカロリーゼロ・アルコールゼロを謳ったダブルゼロカクテルとかいう商品が発売されてます。




ん〜、なんというか。

カクテルからアルコール抜いたら、
それって
ただのミックスジュースじゃね?



アルコール入ってるときですらほとんどジュース(ただし多少ながらもアルコールが入っているので酒類として許容できる)なのに、アルコール抜いちゃったらもはや酒類の残滓も見あたらないと思うのだが…。

posted by ダメ人間 at 21:16 | 日記っぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。