2010年11月14日

Abyss and Dark リプレイ26

前回ゲソル(影武者?偽物?本物?)へ戦いを挑むも、見事返り討ちにあった我がパーティ。
しかし、展開次第では十分勝てる相手と考え、リベンジすることに。

HPを全回復させて、いざ勝負!

今度はラッキーなことに1ターン目のアトミックボムで取り巻きが全員死亡(+逃走)

ScreenShot_2010_1027_20_27_15.png



残るはゲソル一人。

これは…イケル!(-ω☆)きゅぴーん♪

のこるゲソルをタコ殴り〜♪
…のつもりが、ブレスを喰らってエニックスがお亡くなりに。
加えてバンダイ以外が全員恐怖状態に!

いや、しかし、相手は一人。
もう一発ブレスを喰らったら撤退すると心に決めて、前衛3人でザックザク斬りつけます。
感覚的には900くらいのダメージを与えたあたりでようやく倒すことが出来ました。
お亡くなりになる前のエニックスがアトミックボム2発を喰らわせておいてくれたのが勝因です。

ScreenShot_2010_1027_20_28_52.png


ScreenShot_2010_1027_20_28_57.png


ん〜?(-ω-)
メッセージの内容がなんだか締めに入ってない?


街に戻ると

ScreenShot_2010_1027_20_29_53.png


ありゃ?
終わり?
あれって本物のゲソルだったの?

えっ?
じゃあゲソルの神殿地下11階から下ってどうなるの?
と思ったら

ScreenShot_2010_1027_20_30_58.png


あー、なるほどね。
つまりはアイテム探しと強敵との戦いが11F以降は延々と続くということか。

まあ、当初の目的は達成してエンディングも迎えましたし、リプレイはいったんココで終わりたいと思います。

多分この先はリプレイやっても、
「こんなアイテム見つけた」「LV○○になった」「死んじゃった」が際限なく続くだけだと思うので、あまりリプレイの意味がありません。



エンディングまでプレイしてみた感想
非常に良くできたゲームです。
wiz風という性格上どうしてもプレイヤーを選んでしまう内容ですが、個人作成のフリーゲームにありがちなツメの甘さやテスト不足によるバグなど、ゲーム内容以外の部分での不満はほとんどありませんでした。

ゲームバランスという点ではちょっと気になるところがあります。
まず中盤(ルシェンタ遺跡〜ゲソルの神殿上層)での敵のHP設定が高すぎるように感じました。
序盤と終盤は前衛の打撃ダメージで十分敵を倒せるのですが、中盤においては前衛の戦士達は打撃力不足でただの壁と化してしまいます。
また、中盤の攻撃魔法では敵を確殺出来ないので、戦闘が2ターン目以降にもつれ込むケースが多かったように感じます。
wizと比べて魔法を無効化する敵が少ない(また、無効化の確率も低い)ので、これからプレイを考えている人は魔法使いを2人入れたパーティ構成にした方が中盤以降が楽かもしれません。
wizでは魔法の威力はLVが1000になってもほとんど変わらないですが、このゲームではキャラクタのLVアップに比例して威力が格段に強くなるようです。
エニックスが習得したての時のアトミックボムは100〜150くらいのダメージでしたが、LV15になると200ダメージオーバーをたたき出すこともありました。
地下11Fより下に行くと魔法が効きにくくなるのかもしれませんが、ゲソルを倒すまでは魔法優位の戦闘バランスです。

また、迷宮が「妖魔の洞窟」「ルシェンタ遺跡」「ゲソルの神殿」と分かれていますが、正直妖魔の洞窟とルシェンタ遺跡は不要なんじゃないかと。
ゲソルを倒すまでの20フロア中の半分くらいは通過するだけの通路ですので全く印象に残らず、ちと冗長に感じます。
ゲソルの神殿を10フロアにして、その分「ワープの罠」や「ダークゾーン」「魔法封じの罠」「キーアイテム」などで内容の濃いフロアにした方が手応えがあったような…。
ゲソルを倒した後に隠し要素として5フロアくらいの迷宮へ挑戦できるようにすれば、私のリプレイのように「あれ?ここで終わりなの?」ってことにもならなかったと思います。(私はてっきり地下20階にゲソルが居るとばかり思ってました)

とはいえ、フリーゲームにそこまで求めるのは酷というモノで…、それだけ高度な要求をしてしまいたくなるほど元の出来が良いということです。


wizとは結構違うなぁと感じたところ

・蘇生確率はかなり高め。
結局ゲソルを倒すまでに延べ40回以上蘇生を繰り返しましたが、ロストどころか一度として灰化すらありませんでした。蘇生確率はかなり高めに感じます。

・敵がやたらと仲間を呼ぶ、そしてやたらと逃げる。
ほとんどの敵が仲間を呼ぶスキルを持っているのでは?というくらい仲間を呼ぶ頻度が高いです。
また、高レベルの魔法を習得しているような強敵でも、結構な頻度で逃げ出します。

・敵の強さにムラがある。
wizのように「グレーターデーモンがマダルト艦砲射撃」とか「僧侶がバディの集中砲火」ってことは無く、強力な攻撃方法を持っていてもあまり偏った行動は取らないようです。(逆に言えばそれでかなり助かってましたが)
いろんな行動をバランス良く取るので、普段は割と余裕で倒せる敵だったとしても、たまたま強力な攻撃呪文を連発されると途端に瀕死の状態(もしくは全滅)に追い込まれます。
それまで何度も倒している相手だからといって油断は禁物です。



なんだかんだと言っても、か〜な〜り楽しませてもらいました。
このゲームを作ってくれた作者さんには感謝です♪

posted by ダメ人間 at 11:37 | Abyss and Dark | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

Abyss and Dark リプレイ25

ゲソルの神殿10Fへ突入でーす。
この時点でのメインパーティのLVはこの通りです。

ScreenShot_2010_1027_19_51_11.png



ScreenShot_2010_1027_17_11_20.png


おや?
BGMが変わったぞ?
いよいよ物語も終盤ということでしょうか。


ScreenShot_2010_1027_17_40_00.png


ScreenShot_2010_1027_17_13_41.png


ScreenShot_2010_1027_17_17_12.png


ScreenShot_2010_1027_17_16_41.png


ScreenShot_2010_1027_17_14_37.png


おー!
デュラハンだ!デュラハン!
ってそっちに目がいってると、

ScreenShot_2010_1027_17_15_24.png


かなり強烈なブレスが2列目のアンデットマリアから…。
名前からして萌えキャラちっくなグラフィックかな?と思ってたら。

ScreenShot_2010_1027_17_15_28.png


ホラーど真ん中でした。



この階では結構良いものが手に入ります。

ScreenShot_2010_1027_17_20_30.png


ScreenShot_2010_1027_17_21_09.png


ScreenShot_2010_1027_17_21_12.png


ここに来て侍用の刀がいろいろ出てくるので、どれを使おうか迷っちゃいますよ。


で、一度街に戻ってからフリーワープで10Fに飛ぼうとしたところ

ScreenShot_2010_1027_19_52_55.png


あれ?
弾かれちゃいました。

…、えぇ!
まさか10Fから下は直通不可なのっ!Σ( ̄□ ̄;)
この先てくてくと歩いて行かなきゃいけないのかなぁ…。

ScreenShot_2010_1027_19_59_32.png


ScreenShot_2010_1027_20_17_47.png


進んでいくと、…ありました、装置のレバー。
これで5Fからの昇降機が利用できるようになります。

ScreenShot_2010_1027_20_00_39.png


ScreenShot_2010_1027_20_01_32.png




昇降機近くの扉には鍵がかかっています。

ScreenShot_2010_1027_20_00_54.png


鍵と言えば…、ここでようやくアレの出番かっ!

ScreenShot_2010_1027_20_11_38.png


ビンゴっ!



次の扉は遺跡の鍵で開きます。

ScreenShot_2010_1027_20_12_20.png


その先にはメッセージがあり…

ScreenShot_2010_1027_20_19_19.png


おや?と思ったら…、ん?

ゲソル?

ゲソルってゲソルの神殿のゲソル?

あれ?

何でこんな中途半端な階層で出てくるの?

もしかして影武者とかか?


よくわからんが取り巻きの凶悪さから考えて、影武者だとしても強敵っぽいので全力でたたきつぶすことにします。

1ターン目で取り巻きのほとんどを排除して「勝てそうだな」と思った瞬間に、ゲソルからの恐怖のゲロブレス!
しかも(強)w

ScreenShot_2010_1027_20_20_45.png


あっという間に瀕死の状態に…。

ScreenShot_2010_1027_20_20_55.png


あー、ダメだわこりゃ。
次のターンで確実に4〜5人死ぬな。

いまのところ死人が出てないのは幸い。
いったん撤退します。

取り巻きは1ターンでほぼ取っ払うことが出来たので、最初のターンでゲソルからゲロ恐怖のブレス(強)を喰らわなければ何とかなりそうです。
また喰らっちゃったときは全滅する前に逃げることにして、もう一度チャレンジしてみよう。


posted by ダメ人間 at 13:03 | Abyss and Dark | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

Abyss and Dark リプレイ24

7Fと8Fをサクサクっと通過して9Fまで辿り着きました。

ScreenShot_2010_1027_16_37_10.png


ScreenShot_2010_1027_16_37_57.png


ScreenShot_2010_1027_16_39_22.png


ScreenShot_2010_1027_17_05_17.png


ScreenShot_2010_1027_17_01_02.png


「ジン」なんていうメジャーどころの名前を冠した敵も出てくるようになります。
2列目3列目に控えているお供達だけでもパーティを全滅させるだけの力を持っているので、こちらもアトミックボムやらバニッシュやら出し惜しみせずぶっ飛ばします。

なもんで、探索のペースはどうしても落ちてしまうのですが、そこはそれフリーワープで9Fまで直行できるので数をこなしてちょっとずつマッピングしていきます。

ちなみに帰りは僧侶呪文のエスケープを使います。
毎回サブパーティのメンバーにお金を預け、0Gの状態で探索に出かけてますから運悪く所持金が消えても微々たる額です。
痛くもかゆくも無いので毎回リレミト代わりに使ってます。


さすがにココまで潜ると、宝箱からも結構役に立つアイテムが出てくるようになりました。
LVはあまり上がっていませんが、着実に装備が充実していきます。

ScreenShot_2010_1027_16_43_50.png


おや?
こっちもあるのか。


ScreenShot_2010_1027_16_49_43.png


強力だけど呪われます。


ScreenShot_2010_1027_16_50_49.png


名前のわりには微妙…。


ScreenShot_2010_1027_16_50_53.png


後衛のエルフに持たせると良いかも。


このフロアには一方通行の扉がいくつかあります。
隠し扉同様に「いてっ!」が表示されないところが一方通行の出口側です。

ScreenShot_2010_1027_17_03_57.png


調べても何も出てこないですが、マップ上には扉のマークで表示されます。

ScreenShot_2010_1027_17_04_02.png


それ以外は仕掛けはありませんが、10Fへの階段へ辿り着くまでの順路が回廊のようになっています。
必然的に玄室の敵を倒さないと先に進めません。

ScreenShot_2010_1027_18_38_48.png


posted by ダメ人間 at 15:34 | Abyss and Dark | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

Abyss and Dark リプレイ23

ゲソルの神殿7Fへやってきました。

ブレスを吐く敵が結構頻繁に出現するようになります。

ScreenShot_2010_1027_15_28_13.png

ScreenShot_2010_1027_15_29_28.png

ScreenShot_2010_1027_15_30_31.png

ScreenShot_2010_1027_15_38_35.png

ScreenShot_2010_1027_15_44_01.png


悪魔タイプの敵も集団で出現するようになってナムコのバニッシュが大活躍ですが、なにぶん悪魔タイプ以外の敵に対する攻撃呪文を僧侶は持っていないので、せいぜいが呪文を封じたりマヒさせたり程度です。
wizに比べて高いHPを持つ本作の敵にはエニックス一人では完全に火力不足です。
盗賊に持たせた攻撃呪文発動のアイテムや任天堂の魔法攻撃などもあわせつつ、状況に合わせて火力を集中させないとあっという間に追い込まれます。

マッピングの方は特にイベントなどもなく、早々に終了。

ScreenShot_2010_1027_15_51_12.png


続いて8Fへ突入します。

ここまで来ると、どいつもこいつも危険に感じられてなりません。
相手の実力がわからないので、売れない若手芸人のように常に全力投球です。

ScreenShot_2010_1027_15_51_46.png


ScreenShot_2010_1027_15_56_03.png


ScreenShot_2010_1027_16_32_02.png


ScreenShot_2010_1027_16_35_41.png


ScreenShot_2010_1027_16_33_27.png


ちなみにヴァルキリーはレベル7呪文のマジックウェポンを使ってきます。
ということは同じレベル7のアトミックボムも習得している可能性があるので、果てしなく危険です。
魔法使いタイプの敵同様に最優先撃破対象とします。

現れる敵は危険度の高いヤツばかりですが、マップ自体は特筆すべき点もなく、完全踏破にこだわりがないのなら9Fへの階段を見つけ次第降りてしまっても構いません。

posted by ダメ人間 at 21:28 | Abyss and Dark | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

Abyss and Dark リプレイ22

さあ、いよいよ後半戦突入です。
ゲソルの神殿地下6Fへ突撃〜♪

いきなり出くわしたのが「復讐鬼LV20」。
一撃が非常に重そうな敵です。

ScreenShot_2010_1027_11_06_01.png


注意しなきゃ。っと思ってそっちに気を取られていたら、後衛の「マッドエンペラー」なる敵から恐怖のブレスが飛んできました。
痛い痛い。っていうか戦闘中に僧侶や魔法使いが恐怖状態になることが痛い。

このゲームでは最前列の敵グラフィックしか表示されませんので、マッドエンペラーなる敵がどんな容貌なのかわかりません。
マッドエンペラー=狂気の皇帝という恐ろしげな名前と恐怖のブレス。
さぞ強烈なグラフィックなんだろうな…と思っていたら。



ScreenShot_2010_1027_11_06_19.png


別の意味で強烈でした。

…なんだ、このハゲ親父は?



いやいや、首から上が何か違うだろ?
これじゃあ赤い丸サングラスを身につけてコスプレした、ただの痛親父じゃあ…?

こんなのに恐怖させられたの?
あ、いや、確かにある意味恐怖だけどさ

というか恐怖のブレスって何なんだろね?
恐怖っていまいち形のあるもんでもないしさ。

もしかしてもともと形が無いのか?
口から出てきて「恐怖」で「形がない」って言ったら…悪口?

もしかして単に相手への罵詈雑言を吐いてるだけで、心の弱いヤツはそれで恐怖状態に陥るとか?
なんか途端にコミカルな戦闘シーンに思えてくる…。
確かにマッドエンペラーの外見にぴったりの口撃だけど。

でもHPが減るのはちょっと違和感があるよね。
罵詈雑言だと精神攻撃みたいなモノだし。


他に口から出て恐怖を与えるモノといえば…。

あ…、

あった………。


深夜の歓楽街でベロンベロンに酔ったサラリーマンが電柱の下に作るお好み焼き。


あれかっ!Σ( ̄□ ̄;)


確かにあんなもの引っ被ったら恐怖だよ(笑)
しこたまダメージも喰らうさ!

そしてマッドエンペラーにぴったりの攻撃だ!


疑問が解決したところで探索を続けます。
恐怖のブレスは可能な限り回避する方向で。


ScreenShot_2010_1027_11_08_34.png


マシンタイプの敵もかなり見た目がゴツくなってきました。

ScreenShot_2010_1027_11_09_05.png


でも、こちらも前衛がたくましくなってきてます。
今のところマシンタイプの敵に痛い目に遭わされたことは無いのですが…。
よく見たらメタルデストロイヤーの肩にはバルカン砲らしきモノが見えますね。
「鉄粒のブレス」とか使ってきませんよね? …ね?
やはり油断は大敵です。


ScreenShot_2010_1027_11_11_28.png


他にもおなじみのリビング家族から「リビングスピア」が登場したり(あれー?リビングベッドとかリビングテーブルは出てこないの〜?)


ScreenShot_2010_1027_11_14_20.png


えらく痛そうな装備で身を固めたメイドLV19なんてのも出てきます。
こんなイカツイ武器を持っていながら、噛みついて来ちゃったりするちょっぴりお茶目なメイドさんです。
ある意味かわいいメイドさんに噛みつかれるシチュエーションというのは「有り」ですが、どう見ても肌の色が人間離れしてるんでそのままドレインとかされても不思議ではありません。
丁重にお断りしましょう。
ちょっと未練は残りますが。


宝箱からは「兎の足」というアイテムを発見。

ScreenShot_2010_1027_11_53_25.png


スペシャルパワーで運が+1されるというアイテムです。
LVアップ無しで能力値が上がるありがたい効能ですが、正直なところ今一番欲しいのは生命力が+1されるアイテムなんですよね〜。
任天堂の生命力が11にまで落ちてますので(笑)


で、たまに「友好的な復讐鬼」というわけのわからん敵に出会ったりしつつも、特にこれといったイベントもなく6Fは踏破完了しました。

ScreenShot_2010_1027_11_47_27.png



posted by ダメ人間 at 14:37 | Abyss and Dark | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする